読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

メモ魔のめもまみれBlog

ブログの名前をすんなり噛まずに言えたなら

【英語】Yes/No疑問文の回答文の品詞分解

『英語リーディング教本』

現在学習中のリー教こと『英語リーディング教本』(薬袋善郎)を40ページほど読んで、そこまでで得た知識で実際に英文を品詞分解してみようと、『総合英語Forest 7th Edition』(石黒昭博)の例文をいくつか読んでみました。すると早速、Yes/No疑問文の回答文のところで詰まってしまったのでそれについてのメモ。

例えば、Forestにはp.23に以下のようなYes/No疑問文の例文が出てきます。品詞分解に詰まったのは、これら疑問文の回答文の部分です。

  1. Are you hungry? / Yes, I am.
  2. Do you know her name? / Yes, I do.
  3. Can you play the piano? / No, I can't.

最初は、「(1)はYesが副詞、Iが主語、amが①」「(2)はYesが副詞、Iが主語、doが①」と品詞分解していたら、(3)のところで「はNoが副詞、Iが主語、canが助動詞、notが副詞…あれ?動詞がない」となってしまいました。

そういえば回答分は重複を避けるために省略されてるとか習った遠い記憶があるような無いような。ググッていろいろ調べているとやはり省略されているようで、なかでもdoは「代動詞と解釈できる」なんて書かれているところも見かけました。

青ロイヤルこと『徹底例解ロイヤル英文法』(綿貫陽)で「代動詞」を調べてみると、「前にある動詞(+目的語、補語など)の反復を避けるために用いられる。助動詞ではなく、本動詞と考えてもよい」と書かれています。

それらを踏まえてもう一度、上のYes/No疑問文の回答文を品詞分解してみると、

  1. Yesが副詞、Iが主語、amが②、その後ろに補語の「hungry」が省略されている
  2. Yesが副詞、Iが主語、doが代動詞の③で「know her name」の代わりになっている
  3. Noが副詞、Iが主語、canが助動詞、notが副詞、その後ろに「play the piano」が省略されている

と解釈するのが妥当かなと思いました。以下は今回の調査で参考になったページです。Yahoo!知恵袋率高し。

基本からわかる英語リーディング教本

基本からわかる英語リーディング教本

総合英語Forest 7th Edition

総合英語Forest 7th Edition

ロイヤル英文法―徹底例解

ロイヤル英文法―徹底例解